信州果実の魅惑そして



梅雨に戻ったような日々が続いていましたが、きょうは夏に戻ったような土曜日になりました。
お盆休みの3連休もあった先週末よりはやはり静かなのでしょうか。
せみの声がよくきこえるのは、でもやはり、気温があがったのを喜ぶ声にも、きこえます。


もとは、りんごを使って作るクランブルが、昨年から「季節のトルテ」に仲間入りして、季節のフルーツを楽しんでいただくスイーツとして、いつもご紹介しています。

きょうは初めて、プルーンで焼きました。


軽井沢は北佐久郡のなかにありますが、佐久はプルーンの名産地です。
生でそのままいただけるものですが、焼くとまた、違うものになります。
プルーンは、どこにそんな色があったのというような、鮮やかな紅の色が出て、また、全く異なる味わいが生まれます。作りながらあらためて、信州果実の魅惑を感じています。



コルリのクランブルは、まず台のサブレ生地があり、そこにフルーツをおいて、そぼろ生地(クランブル)を乗せて焼いています。りんごのときは、クランブルにくるみを粉末にして入れていますが、素材それぞれに、さまざまな木の実を入れたりいれなかったり。
今回のプルーンのクランブルには、アーモンド粉をあわせました。


2週間ほど前、陣中見舞ってくれたママンがおやつにしてくれたのは、いちごとルバーブのクランブル。
クランブルはあたためても、冷やしてもおいしいです。
そのままの温度でも、おいしいです。
ママンには、少しあたためて、食べてもらいました。

ママンはりんごのクランブルを覚えていて、思い出してくれるらしく、でもいつも「スクランブル」と呼んでくれています。
たしかに、そぼろ生地はスクランブル(エッグ)を彷彿させるものなのですが、実名はクランブルです。

おひとつ\200です。
おやつにも、朝食でも。軽井沢っぽさがあるかもしれません。

チューリップカップという名前の器は、四方に開きます。お皿いらずで便利です。

プルーンで 焼いてみました クランブル
きょうh8月19日は、俳句の日なのだそうです。
暑さが戻って、ママンは元気にかわりはないでしょうか。
スクランブルなら・・・字余りですね。

----------------------

お問い合わせ、ご注文は、

 ブログのコメント欄ではなく、

メール をご利用くださいませ。

 ブログのコメント欄では、

お名前のみが発信される設定になっております。

  お電話でのご依頼は、
 (0267-41-0987)。
--------------------------

    店舗営業のない期間は、

メールでの対応でお願いいたします。

 

 

♦♦♦ 

軽井沢の天気は、こちらのイトでご覧下さい。

 

 

イラストご提供
「ふわふわ。り」さま