4月ラスト1週間エシレなコルリスイーツできています

 

4月もあと1週間、来週末はゴールデンウィーク。

軽井沢銀座のたもと、旧軽井沢ロータリーの桜の木は、赤くほころぶ気配をみせていました。

けさの最低気温は氷点下1度。

桜の開花はもうすぐなのでしょうけれど、短い春のゆくえは、しれません。

 

「4月中にとりにうかがいます」というお言葉をいただいて、エシレのバターを託されたのは、先月末の雪の日でした。これまでにご紹介してきた、エシレなコルリスイーツを思い出してくださり、お手持ちのエシレで、スイーツを作ってほしいとのご依頼に、「手焼きバウムクーヘン」と「熟成フルーツケーキ」をお作りするお話をしました。

ただ、託されたバターは、ご自宅で冷凍保存されておられたものでしたが、賞味期限が2014年の8月14日というものでした。

違和感のある、苦みがありました。

 

このあと、コルリでは、エシレのバターを仕入れました。

託された200g分のバターの分、エシレなコルリスイーツを作りました。

 

「手焼きバウムクーヘン」は特大に。

飾りのサブレも、エシレ仕込み。ECHIREの「E」を刻んで焼きました。

いつものバウムクーヘンと区別をつけて、スクエアに焼きました。

マカロンもあしらった小さなスクエアなバウムは、これはエシレのバターではなく、いつもどおりの「手焼きバウムクーヘン」です。

こちらは、お召し上がり比べ用。

実は、いつもコルリスイーツで使用しているバターが、充分おいしかったりします。

その実感を、共有していただければと考えた次第です。

 

 

残りのサブレは、エシレのバタークリームをサンドして、添えます。

エシレバターの味をもっともお確かめいただけるスイーツかもしれません。

 

 

そして、「熟成フルーツケーキ」は小さめを3本。残りの生地はミニミニパウンドにして、すべてお渡しできるようにしました。

ミニミニのパウンドは、お味見用にもお使いやすいはず。カットして召し上がるホールは、ご贈答にもできるはず、です。

 

4月中、の4月は、いつなのかわからず、不意にお越しくださった際にお渡しできないのでは困りますし、あまり早くできてしまってもと、非常に迷いながら、このタイミングでお作りしました。

ゴールデンウィークを待ちながら、さくらの様子を見守りながら、ご来店かご連絡をお待ち申し上げます。

 

 

春待ちの週末の日曜日、よく晴れています。

過ぎゆく往来はありますが、きのうはどなたも、そしてきょうも、ただ過ぎてゆかれるのみです。ケーキをお作りするお約束も、ありません。

ただ待つだけの現実を見すえることが、きょうの仕事なのかもしれません。

 

 

それでも、エシレを託していただいたきっかけで、コルリにエシレがやってきました。

とっておきのエシレなコルリスイーツを、母の日に、父の日に。

エシレなコルリスイーツはこれからまた、仕込んでまいりたい所存です。

 

----------------------

お問い合わせ、ご注文は、

 

メール をご利用くださいませ。

 

  お電話でのご依頼は、
 (0267-41-0987)。
--------------------------

    店舗営業のない期間は、

メールでの対応でお願いいたします。

 

 

♦♦♦ 

軽井沢の天気は、こちらのイトでご覧下さい。