ギネスな90歳のお祝いをより多くの方に共有していただきたきたいコルリスイーツたち

 

ことしのシルバーウィークは、カレンダー的に連休が少なく、天候的に台風と雨で、という、ちょっとしんみりな印象がいなめないものの、それでも、それなりにそれを楽しもうというそれぞれのシルバーウィークになっているのだと、思います。

 

コルリでは、ご来店も少ないものの、お懐かしいご再来や、うれしいリピートのご予約をいただいたお客さまと、再会をさせていただいています。

 

 それにしても、きょうもまた雨。です。

 

 ウェディングスイーツのご依頼はありませんでしたが、大切な機会のオーダースイーツを作らせていただきました。

90歳のお祝いスイーツです。

 

 

 

ご相談とご予約は、10日ほど前のご来店でした。

22日に、東京・六本木で、300名さま以上の方が集まられるライブレセプションで、90歳のお祝いをされるというところに、お持ちになるというスイーツ。

「問題はね」

ご依頼主のお客さまのリクエストは、まずは軽井沢からお持ちになるというところから、要冷蔵のスイーツではなく、常温で大丈夫なもの。さらに、その90歳の主役さまは、関西から来られている方なので、もしかしたらきょうお召し上がりになるのではなく、おみやげに持ち帰られる可能性があることも、それもOKなもの。

「300人以上ですが、食べてほしいのは10人くらいだから」

 

 

 

マカロン屋としては、マカロンをとも思いましたが、要冷蔵のマカロンを無理にお渡ししたり、それならば常温で置けるような材料でマカロンを仕上げて、というのは、無理。お焼き菓子と、コルリで一番時間がかかっているスイーツとして、意味合い的にも合いそうな「熟成フルーツケーキ」をあわせてなにか、ご用意することになりました。

 

 

 

ハロウィンな秋のスイーツを作りながら、よくこういう機会に作らせていただくマカロンタワーのかわりに、ハウスをメーンのスイーツにすることにしました。

 

 

ご希望は、お名前と、90歳のお誕生日おめでとうございますというメッセージを、フランス語で描くこと。

主役さまは、ライブのサックス奏者で、このバンドが、奏者の年齢をあわせると世界最高齢のバンドになると、ギネスブック登録されたとか。

 

 

10名さまが召し上がれればよい、とのお話でしたが、300名さま以上のご来賓にみていただいて、共有していただけるスイーツをご用意したいと思いました。

 

メーンのハウスのサブレに、ミュージックなアイテムのサブレ、メッセージのサブレを焼いて、一緒にリーフと、、ハートの小さなサブレを焼きました。

リーフは抹茶とよもぎの2色のグリーン。

そろそろ落葉になりますが、やはりこういう機会は、あえて常緑のリーフがいいと思いました。

 

ハートはさまざまな色合いで。

リーフとハートのサブレは90、90、90、90ずつ焼いて、ぜんぶで360ピース。

小さいのですが、ご来賓が必ずおひとつはお召し上がりになれるように、なりました。

 

 

 

熟成フルーツケーキとあわせて、焼き菓子のアソートができました。

軽井沢からお持ちいただくお祝いスイーツ。

軽井沢らしさに、コルリらしさを加えたものになっていればと思います。

 

 

オーダー、ありがとうございます。

大切な機会に、スイーツを作らせていただき、光栄です。

 

----------------------

お問い合わせ、ご注文は、

 

メール をご利用くださいませ。

 

  お電話でのご依頼は、
 (0267-41-0987)。
--------------------------

    店舗営業のない期間は、

メールでの対応でお願いいたします。

 

 

♦♦♦ 

軽井沢の天気は、こちらのイトでご覧下さい。