青い鳥の菓子店から

 

きのう赤ん坊とたとえた雨は、大した赤ん坊で、でも警報はけさ早いうちに解除になって、もうきょうは、うそのように、そう、8月ねとうなずけるような空が広がっています。

 

 

15周年、100周年、130年。

軽井沢でことし、この夏を記念にむかえられている方に、頼まれても、そして頼まれなくてもできている、メモリアルなスイーツたち。

8年目の青い鳥の菓子店コルリでは、こんなスイーツも並んでいます。

 

 

記念切手のサブレを作りながら、青い鳥の切手も、焼いてみました。

「8」というのも変なので、ことしの「2016」をプライスのかわりに。

軽井沢のおみやげにしていただけるかも、しれません。

 

 

パンナコッタのようなデザートは、あっさりとさわやかで、でもコクもあるレアチーズです。ブルーベリーの香りがほんのりするジュレと、ブルーベリーをのせています。

 

ブルーベリーはもちろん、軽井沢のブルーベリーです。

 

 

年々減っているといわれますが、さまざまな鳥の声がきこえます。

そのなかに、せみの音が加わり始めています。

 

♦♦♦ 

軽井沢の天気は、こちらのイトでご覧下さい。