2016年

1月

31日

ヴァレンタインにむかう「あべさん」

 

1月最後の日となった週末、日曜日。
雪はやんでいて、晴れた空に少しあたたかさを感じます。


ヴァレンタインまで2週間となりました。
ヴァレンタイン準備はカレンダー的にはこの週末と、次の週末、そして建国記念日の11日かもしれません。

 

続きを読む

2016年

1月

30日

雪の週末にまさに似合うコルリスイーツ

 

 

 

きのうからみぞれを伴いながら降り続いた雪は、結局20㎝ほど積もりました。大雪の警報は午前4時台に解除されたと、朝7時、アナウンスが流れました。

雪はだんだん粒が小さくなり、正午の鐘がなるころにはもう、ほとんど舞わなくなりました。

 

 

雪かきが終わってさあ、PCを開こうとすると、ご来店が。

「これ、一度食べてみたかったの」

お客さまが指さされたのは、コルリコロコロでした。

 

 

リピートな方は「コロコロ」と呼んでくださっているこのコルリの定番スイーツは、オリジナルスノーボール。

まさにこんな、雪の週末に似合うスイーツです。

 

 

もし軽井沢にお出かけになるご予定をたてられるのでしたら、まずはお足もとに。そして、若干気温は上がりましたが、最高気温はプラスに届かない日がほとんどです。

おめしものにも充分ご留意され、お出かけくださいませ。

 

 

2016年

1月

29日

月末プリン「初のふわとろ・・・」


ことし最初の「月末プリン」です。
1月最後の週末、金曜日は雪になりました。
きょうからご紹介するプリンをみつけてくださるお客さまがいらっしゃるかどうか・・・


ことし最初のプリンは、ふわとろです。
コルリでふわとろなプリンをご紹介するのは、実は初めてです。


ふわとろものはまったりした余韻があるので、ちょっとさわやかさを加えました。
ヴァニラではなく、オレンジの皮の香りがします。


ことし最初の月末プリン、初のふわとろ、ぜひともおためしいただきたいです。


雪は昼前にみぞれに変わり、いまもまだ雨に雪に、姿を変えながら降り続いています。

月末プリンはきょうも、あすも、あさっても!焼き続けます!

2016年

1月

28日

出合いをかたちに「季節のマルメラータ・ほろよいの梅」

 

 

大きな寒波が去って、それでも最低気温はマイナス10℃以下の軽井沢ですが、きのうもきょうも、気温がプラスに転じて、積もり重なった雪が少し、ほどけています。

でもなんとなく、もうすぐ暦の春がやってくるのを感じられるようです。

軽井沢はまだまだですが、そう、梅の花が開くころになっています。

 

 

花と実の時季がちがいますが、梅を使いたくなるところで、タイムリーにいただいたのが、梅酒に漬かった梅です。

立派な梅で自家製の梅酒を作られている方に、ダメ元ジョーダンでお願いをしてみたのを、覚えていてくださって、梅酒に漬かっていた梅をいただきました。

 

続きを読む

2016年

1月

27日

大好きキャラと一緒に「小麦粉、卵NGでも『竹のぼりができたコキンちゃん』」そして

 

 

小麦粉と卵が召し上がれないお孫さまのお誕生日にケーキを。

東京のお客さまが、また、また、そしてまた、コルリを思い出してお誕生日のおとりよせケーキを頼んでくださいました。

 

続きを読む

2016年

1月

26日

2016マカロン屋のヴァレンタイン

 

 

きょうの最低気温はマイナス16℃までの予報が出ていましたが、実際はマイナス12.3度だったそうです。

南の島にまで雪を降らせた寒波が去ってゆくそうで、軽井沢の気温も少し、これから上向く予報が出ています。

 

 

ヴァレンタインまで20日ほどになりました。

お問い合わせをいただいています。

また、オーダーもいただいています。

 

 

手造りスイーツをお作りになるお時間や手間、量的に難しい方のかわりに、という気持ちでお作りいたします。

ご自作のスイーツに添える飾りだけ、お作りすることも、もちろん可能です。

 

 

続きを読む

2016年

1月

25日

日本最低気温を記録した日に

きょう1月25日は「日本最低気温の日」だと、カレンダーにありました。

調べてみると、明治35年(1902年)に、いまの北海道・旭川地方気象台(もと上川測候所)で氷点下41℃を記録したのが、正式な計測として残る、日本の最低気温なのだそうで、それがきょうだったそうです。

 

その後マイナス41.2℃をやはり北海道で観測されたそうですが、これは正式な記録ではないそう。

ちなみに、富士山頂の最低記録がマイナス38℃(昭和55年2月27日)なのだそうで、マイナス41℃というのは、それより下がったという、事実らしいです。

続きを読む

2016年

1月

24日

軽井沢マカロンをおみやげに

 

 

 

「営業、されてるんですね」

そんなお声かけまでいただいてしまうほどの軽井沢になっています。

きのうはまた雪が降って、3度の雪が凍り積もっています。

きのうの雪はまださらさらで、きょうのかなり強い風にとられて舞っています。そのさまは、吹雪のようにもなります。

でも、空は晴れていて、きれいな青色です。

 

続きを読む

2016年

1月

23日

とびこみオーダーも・・・いただいています

 

 

 

「オタンジョビケーキ、アリマスカ」

お電話がありました。

 

「ニセンヨンヒャクエン、クライ、ダト、ドレグライ、デスカ」

「サンゼンエン、ダト、ドウデスカ」

 

「サンジュップン、クライデ、イキマス、ダイジョブデスカ」

 

 

「キャンドル、サンジュウナナ、アリマスカ」

「三十七本はTOO MUCHです。三本と七本でいかがですか」

 

続きを読む

2016年

1月

23日

新たな出合いをいただいて「軽井沢メープル」

 

 

「そろそろですよ」

昨年の秋にお問い合わせをしたフリーバードさんが、思い出してご連絡をくださったのは、年末でした。

 

 

軽井沢に育つかえでで作られる、メープルシロップがあります。

5年ほど前から、フリーバードさんが小さなびんに入った3種類のメープルシロップを、町内のスポットに置いておられるものです。

このシロップがお土産物などとともに販売されていることは、たぶんその、5年ほど前から知っているのですが、お問い合わせをしたことは、ありませんでした。

 

 

コルリには、メープルシュガーを使ったサブレが定番スイーツとしてあります。メープルシュガーはカナダのものを使っています。

でもこれを、軽井沢のかえでのもので作ることはできないか。

ただ、コストがかかるでしょうし、定番アイテムとして置けるスイーツの材料として適当かどうか。

長いこと、保留にしてきたことでしたが、お問い合わせをしてみました。

 

 

どんな方が関わられているのか。

軽井沢のカエデって?

 

 

軽井沢では、サトウカエデというカエデから、真冬に樹液を採るそうです。

いま、まさにその採取が、行われています。

「雪に、こんなかんじで・・・」

 

軽井沢のカエデから採れる樹液は、ほんとうにわずか。

フリーバードさんは、この樹液をメープル王国カナダへ送り、カナダのメープルたちとあわせてメープルシロップにしています。

残念ながら、メープルシロップをさらに詰めて結晶化したメープルシュガーは、形にはされていないそうです。

 

軽井沢メープルを、なにかスイーツに。

こんな話はコルリだけでなく、ほかともあったそうです。

ただ、採れる樹液が少ないため、生産量の多い事業体の商品に相応する量にならないため、話が進まなかったというお話もうかがいました。

「逆に、コルリさんくらいの方が」

 

 

コルリではメープルシュガーの見込みがたたず、残念、と思ったところですが、それではこのメープルシロップを使ってなにか、できないかと、考えはじめました。

 

2016年

1月

22日

ねこの日にできるコルリスイーツたち

 

 

いつもディアマンテという名前でご紹介しているサブレがあります。

一番人気はメープル。

メープルシュガーを使ったものです。

 

 

ディアマンテは、フランス語ではディアマン。

英語ではダイアモンドです。

この名前を冠したサブレは、ひもや棒のように転がして長くまとめた生地を、金太郎飴のように輪切りにして焼きます。

輪切りにする前に、側面に砂糖をまぶされるのが定番で、まぶされた砂糖がキラキラとするため、ディアマンテという名前がついています。

 

続きを読む

2016年

1月

22日

ねこの日に出発するコルリスイーツたち

 

 

1月22日。

ことしさいしょのねこの日です。

 

 

おとりよせスイーツを、お誕生日のギフトにと、ご依頼をいただきました。

ひとつのケーキでは、飽きもあります。

また、おとりよせでお送りする冷凍ケーキは、ご利用にあわせて冷蔵解凍していただきながら、お召し上がりになりたいときに、お召し上がりいただくことができます。

 

 

3種類のケーキに、それぞれキティさんとハートのマカロンモチーフを添えました。

小さなふたつは、コルリの定番モンテビアンコです。

ひとつは小布施と軽井沢の栗を使ったモンブラン。

もうひとつは、レアチーズとホワイトチョコレートのタルトになったモンブランです。

 

続きを読む

2016年

1月

21日

かんきつのきらきら そして

雪はきのうの夕方にやみました。

陽の光が凍った雪とつららに注がれて、輝いています。

 

先日レモンでできたキラキラなピールを、グレープフルーツで作ってみました。輪切りになった仕上がりのものを形にしたくなったものです。きれいにできたものをひとつだけ、袋に入れて並べました。

 

「じゃあ、それを」

 

そう、お客さまがいらしています。

お客さまといっても、雪の合間のお一息に、お寄り下さった業者さんだったりするのですが、しばしの時間、温かい紅茶を入れてお話をしていたら、ご出立前にお買い物してくださいました。

  

続きを読む

2016年

1月

20日

そしてまた・・・そして

暦の大寒のきょうは、また雪です。気象予報のサイトが5つほどあって、それらは決まってそれぞれに違っていて、そのうちの3つのサイトが、昨夜からの雪を告げ、ほかには雪マークは出ていなかったのですが、多数決、やはり雪になりました。静かに雪は降り続けました。

先日の積もった雪が凍って、その上にまたさらにさらに、雪が降り重なってゆきます。

 

昼がすぎましたが、雪は降り続けています。

でも時折、陽射しがみえて、でもその陽射しのなかからもまだ雪が。

店を開ける開けない、以前に、まず雪かきのみ。

 

 

 

 

続きを読む

2016年

1月

19日

信州りんごを炊きながら

 

 

 

きのうの夕方までにやんだ雪は積もって積もって、最高気温もプラスにならない軽井沢はしばらく、この銀世界が残るのでしょう。

コルリの店のあるこの通りの、ご近所のお店は、臨時休業されているところもあります。

 

 

駅から旧軽井沢銀座まで約1.5キロあるこの本通りを歩かれる方には、そのほぼ中間地点のコルリは、一息つかれる場所として、おすすめいたします。

りんごのクランブルができています。

あたためていただくのも、おいしいです。

 

続きを読む

2016年

1月

18日

本日も営業しています

 

 

 

昨夜から降り始めた雪は降り続け、昼にいったんやむという予報に反して、降り続いています。

 

 

店は開いています。

おとなりのブラッスリーさんも、営業されています。

といっても、雪かきをしながら、お客さまがもし、入られるようだったら、お迎えする、というかんじです。

 

 

雪はかいてもかいても、また。

きょうは雪かきだけになってしまいそうです。

 

どうぞ雪中の移動のひとやすみに、お立ち寄りくださいませ。

雪をはらって一息ついていただければと思います。

 

 

悲しい週末があけ、すっかり銀世界になった軽井沢です。

雪は白く、深く、すべての出来事を包んで被いつくそうとしているのかもしれません。

2016年

1月

17日

ヴァレンタインまで4週間ことしもコルリはヴァレンタイン応援団になります

 

 

悲しい週末となった軽井沢の日曜日の空は、青くありません。

ヘリの音はしなくなりました。

ひっそりとしています。

 

 

ことしのヴァレンタインは日曜日。

4週間後になりました。

ハートフルフェイスのさるのマカロン、サブレでスタートした2016年のヴァレンタインもやはり、ハートフルに。

 

 

頭の中には、軽井沢で失われた尊い命のことがあります。

ヴァレンタインスイーツの想定ながら、このサブレはオマージュでもあります。

 

 

ことしも、コルリはヴァレンタイン応援団です。

オーダースイーツのご相談、喜んで承ります。

おとりよせも、もちろん可能です。

こういうスイーツをこんなかんじで。予算はこれぐらいで。いくつぐらい。

どうぞお気軽におよせくださいませ。

オーダースイーツは、ご先着を優先いたします。

 

 

また、製菓材料や包装材を手に入れにくい軽井沢で、手造りヴァレンタインをお考えになっているお客さまには、1回分の材料や包装資材などを、お使いになりたい分だけ、おもとめいただけます。

どんなものがあるか、ぜひお問い合わせくださいませ。

また、レシピや製造についてのご相談も、可能な範囲でお応えいたします。

 

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

天気予報は、今夜からの雪を告げています。

 

2016年

1月

16日

それぞれに

 

新聞記者時代の夢から覚めた今朝は、やはりとてもよく晴れていて、でもやはり、心晴れぬ週末の、土曜日になりました。

 

 

いたましい出来事があっても、それぞれに現実があり、日常があります。

「お年始でもあるし、箱に入れて用意してもらえるかしら」

きょう集まられる方へのお心配りに、コルリの軽井沢マカロンをお使いくださったお客さまに、駅までマカロンをお届けしました。

 

 

きょうもまた、ヘリの音がきこえます。

きのうから、ふっと力が抜けてしまったようになっているのですが、それでも店は、開けています。

製造も、やる気がわかないようになってしまっているのですが、それでも最低限度、行っています。

 

 

新聞記者時代、むなしく感じることがありました。

報道という立場は、伝えることで、もちろん、伝えることからとても大事な何かがあるはずなのですが、やはり所詮伝えるだけであって、現場では傍観者にすぎないという現実があるようで、それがむなしく思えました。

しかも、それが仕事であり、その仕事で生活しているということに、複雑な感覚があり、でも、それでもその仕事は、生き甲斐を感じる面もあり、さらに複雑になることがありました。

 

どんなことがあっても、現実と日常に向かうことが、生を受け続けている自分がきょう、することなのでしょう。

 

 

ただ、軽井沢で小さな菓子店を営む自分が、ではいったい、どうしたらよいのか、なにができるか、なにかできるのか、という気持ちが、あります。

 

今のところの結論は、店をみつけて、コルリを思い出してくださる方がいらっしゃるのであれば、お迎えすること。お迎えした際に、お選びいただけるスイーツたちを存在させること。

 

 

気づけないもっと大事なことがあればぜひ、ご指南くださいませ。

 

 

 

2016年

1月

15日

1月15日

 

 

一夜明けた金曜日の軽井沢は、信じたくないニュースの現場になっていました。

 

 

 

ずっとヘリコプターの音がしています。

このヘリは、救助ではなく、報道機関のものです。

このヘリたちが、失われてゆく命を救いだしてくれるものであってくれたらと、切ない思いがします。

 

 

 

きょうもまた、青く澄みきっている空が、その切なさを増します。

なんとも悲しい週末になりました。

 

2016年

1月

14日

タカハシさんにダンディケーキそしてヴァレンタインにダンディケーキ?

 

ダンディケーキのおしゃべりを続けます。

ダンディケーキを綴ると、実はダンディはDundeeで、Dandyではないということが、わかりました(すてきなメンズのダンディかと、思っていました・・・!)

Dundeeは、イギリス、スコットランドの港町の名前で、このダンディは、イギリスなら食卓に欠かせないマーマレードの、そのなかでもマーマレード特産で知られる町なのだそうです。

 

 

マーマレード特産の町でマーマレードを使って作られるフルーツケーキが、ダンディケーキなのだそうです。

正統のダンディケーキは、材料の必須条件、比率条件もあるようです。

ダンディケーキには必ずマーマレード、ピール、サルタナのレーズンが入り、トップにアーモンドを敷き詰めるように散りばめて焼かれるそうです。

材料の配合は、最低●%以上でないと、ダンディケーキではないとか。

粉にはアーモンドの粉も入れるルセットも多いのですが、これは必須ではないようでした。

 

続きを読む

2016年

1月

13日

タカハシさんのダンディーケーキ

 

 

クリスマスが終わってまもない日に、タカハシさんという方からご相談がありました。

「ダンディケーキというケーキを焼いてみたんですけれど、それが・・・」

 

 

ダンディケーキといえば、イギリスの焼き菓子。

赤いパッケージが有名な、輸入食材を扱うスポットや、物によってはコンビニなどでも見かけることのできるメーカーさんのもので、本当に大分前に一度、食べたことがあるダンディーケーキは、レーズンやピールなどがぎっしり入った洋酒使いのフルーツケーキという印象がありました。

でも、作ったことはありませんでした。

 

 

「こん、と音がするくらい、固くなってしまったんです」

 

 

「どうしてでしょう」

 

続きを読む

2016年

1月

12日

かんきつ色のスイーツ便

 

 

きょう1月12日はスキーの日、なのだそうです。

軽井沢に集まったかんきつたちで、コルリスイーツがいろいろできています。

店休日からはじまったかんきつ仕事に、さらに試作が加わって、勝手ながらコルリはかんきつウィークです。

 

 

ご来店のほとんどない時季に、宿題をいただけることは、張り合いです。

 

 

また少し、あらためておしゃべりをいたします。

どうぞおつきあいいただければと思います。

 

 

きょうのスイーツ便は郵便局から出発します。

荷造りができたら、ちょっと留守にいたします。

 

2016年

1月

11日

特大の「あべさん」とともに

 

成人の日のきょう。3連休の最終日。

おだやかに晴れた軽井沢は、静かです。

気温は例年より高いものの、きのうおとといより、少しさがっています。

 

 

もしきょう、新成人なお客さまがいらっしゃったら・・・

 

 

きょうは特大の「あべさん」ができています。

これは、いつもの「あべさん」です。

 

 

新成人さんでも、もちろんそうでなくても、いつもより大きな「あべさん」に出合っていただければと思います。

 

 

毎年、この成人の日の3連休を終えてから「冬眠」と、ヴァレンタインの前まで店を休んでいました。

でもこの冬は、「冬眠」しないことにいたしました。

 

 

営業時間は縮小させていただきますが、店は開けておりますので、ぜひ、遊びに、寒さしのぎのお一息に、お気軽にお立ち寄りくださいませ。

 

 

2016年

1月

10日

マカロン屋の3連休のきらきらスイーツ

 

 

 

1月さいしょの3連休は、お客さまをおむかえしながら、かんきつ仕事をしています。

 

 

毎年のゆずとレモンをスイーツにする、ゆずは終わって、店休日あけの7日からはじめたレモンが、きらきらなピール菓子になりました。

グラニュー糖をまぶして仕上げるタイプを形にしたのは、実ははじめてです。

 

続きを読む

2016年

1月

09日

マカロン屋の3連休のテディでフルーティフルなシフォンたち

 

 

ことし最初の3連休の初日のきょう、ご宿泊の軽井沢でケーキを。

シフォンケーキのショートケーキのオーダーをいただきました。

このケーキを準備していると、ご来店が。

シフォンケーキのデコレーションをと、リクエストいただきました。

 

 

特別なショートケーキがふたつ、できました。

どちらもテディをおのせすることにしました。

 

続きを読む

2016年

1月

08日

大好きキャラといっしょにコルリのおとりよせお誕生日ケーキ「アンパンマンとミッキーマウスそしてカエルとバス」

 

 

ハーフバースデー、1歳のお誕生日。

そして2歳のお誕生日。おとりよせのケーキのオーダーをいただきました。

さいしょは赤ちゃんを囲んで召し上がるご親族さまとのケーキ。

そして今回は、2歳のご子息もご一緒に、というケーキになりました。

 

続きを読む

2016年

1月

07日

申年ですがやはりことしもテディベアなコルリスイーツたち

 

店休日をいただきました。

午後のみ営業の縮小営業ではございますが、店を開け、スイーツをお作りいたします。お時間ご都合が合う折はぜひ、コルリに遊びにお立ち寄りくださいませ。

 

毎月のお誕生日の社員さまに贈られるギフトに、コルリスイーツを選んでくださっている会社さまへの、1月のバースデーギフトのメッセージサブレは、テディベアになりました。

4月からお受けしているギフトも、10月め。あと2回になりました。

 

続きを読む

2016年

1月

06日

営業のおしらせ・そして申年ながら

 

記録的にあたたかい日々に、さらに軽井沢から帰京していることもあり、ほんとうにあたたかな休日をすごさせていただいています。

休日はきょうまで。

きょうは歯医者さんに行って・・・

店はあすより営業いたします。

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

続きを読む

2016年

1月

05日

店休日のかんきつ会議

 

それぞれにいろいろな恒例があると思いますが、わが家に毎冬届くのが、ママンの学友さんから届く、お庭産のゆずとレモンです。

このかんきつたちを何かにして、ご報告返礼にするのを、かってでるのが毎冬の恒例になっています。

 

 

昨冬はレモンが3ケ、あとはゆずでした。

ことしはゆずとレモンが半々くらい。

おととしと去年はすべてマルメラータになり、それを使ったかんきつなウィークエンドとともに、ギフトができました。

 

続きを読む

2016年

1月

04日

店休日のおしらせと

 

まことに勝手ながら本日より4、5、6日と店休日をいただきます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

3が日さいごの日曜日のきのうの夜、東京に帰りました。

軽井沢からクレープの生地と、仕込んだリコッタとクリームをクールボックスに入れて、マカロンパーツと一緒に持ち帰りました。

 

続きを読む

2016年

1月

03日

お正月の軽井沢ステイのお土産にマカロン屋のオーダースイーツ

年始さいしょの週末、なんともあたたかな日曜日になりました。

 

この週末を軽井沢でおすごしになるお客さまから、おみやげとお年始をあわせたギフトのオーダーをいただきました。

続きを読む

2016年

1月

02日

お正月の軽井沢ステイのおともに「季節のトルテ」

 

新年さいしょの週末を軽井沢でおすごしになるお客さまから、お出かけ前にオーダーのメールをいただきました。

 

続きを読む

2016年

1月

01日

ハートフルなスタート2016

 

 

新年あけましておめでとうございます。

ことしの主役さるの顔をハートにして、サブレを焼きました。

 

 

ハートフルフェイスのモンキーさんたち。

スイーツ福袋に必ずお入れしています。

 

 

スイーツ福袋は¥220と¥550。

いずれもお値段倍相当のお品物が入っています。

 

続きを読む

----------------------

お問い合わせ、ご注文は、

 ブログのコメント欄ではなく、

メール をご利用くださいませ。

 ブログのコメント欄では、

お名前のみが発信される設定になっております。

  お電話でのご依頼は、
 (0267-41-0987)。
--------------------------

    店舗営業のない期間は、

メールでの対応でお願いいたします。

 

 

♦♦♦ 

軽井沢の天気は、こちらのイトでご覧下さい。

 

 

イラストご提供
「ふわふわ。り」さま