営業日のおしらせ

11月は休まず営業いたします。

営業時間のおしらせ
勝手ながら縮小営業として、店舗での営業をおおむね午後からとさせていただいています。

ご注文品のお受け渡し時間などは、店舗営業時間外での調整が可能です。 

おとりよせ、お問い合わせなどはメール お電話にて、いつでもお受けいたします。なお、営業時間外も、オーダーにお応えいたしますので、どうぞご相談くださいませ。 

メッセージをお入れしたコルリスイーツも、お作りいたします


2017年

11月

21日

マカロン屋のきらきら


昨夜の雪は積もったのですが、もうほぼ、陽射しが、そのあとを消していて、でも少し、残っています。


雪にインスパイヤーされたマカロン屋のマカロンたちです。

真っ白なマカロンたち。
あべさんになってもらいましょうか・・・


そして。

2017年

11月

20日

軽井沢のマカロン屋からお送りするバースデースイーツギフト



軽井沢はきのう、雪が舞いました。
予報されていた時間の、そのとおりの時間帯に、そのとおりに降りました。
そして週明けのきょうも、雪のマークが、夜に出ています。


きょう軽井沢を出発するスイーツギフトは、毎年恒例になっているお誕生日のお祝いです。
毎年、その年の「ボージョレーを飲んでしまった巨峰」のマカロンを、お送りしています。

 


ハッピーバースデーマカロンも、ボージョレーな巨峰入り。
リーフのサブレも、ボージョレーな巨峰を使ったレーズンサンドになっています。


ことしのボージョレーなコルリスイーツを、お受けいただければ幸いです。

2017年

11月

19日

日曜日のきらきら

また雪はふらず、またご来店がないまま、日曜日になりました。
氷点下の朝はほどけて、淡い陽射しが、気持ちだけでなく、ほのかなあたたかさを感じさせてくれます。
最高気温は、5℃をこえないとありましたが、もしかしたら、その予報もはずれかも、しれません。


きらきらとしているのは、みかんです。
みかんでピールを作ってみたのは、はじめてです。
ピールを自前で作っている話は、「ひまな人のすること」と言われます。
そうかも、しれません。

 

みかんはマルメラータにしてきましたが、皮もすべて、いえ、へた以外のすべてを、炊きます。
それならばピールもそのままでできるのでは。

みかんよと言われなければ、オレンジかも、と思うような味です。
でもやはり、この淡い陽射しに似合うのが、みかんなのでしょう。


静かにただただ長い、冬がはじまっています。
きょうは、日曜日です。

どうしてか、することやることはいっぱいあります。
このみかんを、いえ、これは・・・
そうしながら、もしかしたらのご来店を、待ちたいと思います。

2017年

11月

18日

軽井沢からお送りするオーダーケーキでお誕生日

きょうもまた、雪マークの予報になっている軽井沢ですが、まだ先日の予報外のみぞれ以来、雪の存在はたしかめていません。
はぐらかされたような空に、空回りを続けながら、週末になっています。


ご来店のないコルリに、このブログをご覧くださり、あのスイーツをと、おとりよせをご依頼くださるお客さまのオーダーは、言葉で表せないほどの喜びと励みです。



きょう、18歳のお誕生日を祝われる、主役メンズが大好きなのが、チーズケーキ。
ブログでご紹介したNYチーズケーキをアレンジしたバースデーケーキを、オーダーいただきました。
10名さま分というケーキは「できれば・・・」と、大きなひとつのケーキではなく、そのままお分けいただけるようなめいめいサイズで、個別包装したものを、リクエストされました。


「カットでもいいです」とお話しになられていましたが、それならば。
また、せっかくのオーダーですので、それならば。
とっておきのチーズケーキをお送りしたいと思いました。

チーズケーキは、サブレの土台の上に、3層仕立てにしました。
2種類のフロマージュでアパレイユをそれぞれ作り、流して焼き、さらに生クリームをあわせたチーズ生地を、モンブランのようにしぼって、仕立てました。

今回は主役が18歳メンズなので、シックに仕上げました。
ココアのサブレを主体に、プラス色合いの異なるリーフのサブレを添えて、季節感、軽井沢感、コルリ感を表現しています。

10名さまでご共有いただきたいです。

 

オーダー、ありがとうございます。
コルリを思い出してくださり、ありがとうございます!


2017年

11月

17日

オリジナルレーズンサンド「コルリウィッチ」も そして

昨夜の雪の予報は、それになかった朝のみぞれにかわったのか、降りませんでした。
でも、けさの最低気温マイナス3℃の予報は、そのとおりでした。


おとといも、きのうもノーゲスト。
ご来店は、道ききと、業者さんのみ、でした。
大きな空回りを繰り返し続けながら、時間がすぎてゆきます。


 

 

 

 

コルリの店のある本通りは、軽井沢駅から旧軽井沢銀座へ直進するメーンストリートですが、火水木で休まれるお店が多く、さらにことしは火水木のいずれか、ではなく、火水木お休みとされたお店もあって、特段に、静かです。
コルリの店は本通り駅から旧軽銀座への、ほぼちょうど中間地点にあります。
道をきかれたり、おトイレをと頼まれることが、よくあります。


コルリウィッチです。
コルリのオリジナルレーズンサンドです。
サブレ「コルリのきほん」に、軽井沢マカロンで使用している基本のバタークリーム、そしてラムレーズンならぬ、ワインで煮たやまぶどう、そしてくるみという信州素材を使ったオリジナルです。

これは、ちょっとプラスアルファな、コルリウィッチです。
サブレの生地に、アーモンドプードルのかわりに粉末状のくるみを入れています。
くるみ感がプラスされた、ウィッチです。


おひとつ\120です。
老舗、大御所のレーズンウィッチはもちろん鉄板ですが、軽井沢のハンドメイドなレーズンサンドも、思い出していただける機会がいただけるようなスイーツになるには・・・


週末、氷点下4℃、5℃という予報が出ています。
日がのぼれば温度は上がりますが、最高気温は10℃をまたぐか否かです。
軽井沢へお出かけになるご予定がおありになりましたら、どうぞあたたかいお召しものをご準備くださいませ。

2017年

11月

16日

ことしも解禁日に! 11月第3木曜日の軽井沢マカロン「ボージョレーを飲んでしまった巨峰」



けさみぞれだった空は、すっかり晴れて、でもなにかやはり、今夜の雪マークの予報をイメージさせる午後にかわっています。



ことしは11月16日、11月の第3木曜日に、コルリにボージョレーヌーボーがやってきました。
8年前の11月第3木曜日に、部分的にミーハーな性格から、ボージョレーヌーボーを買ってしまったのですが、ひとりで飲むのもなんだか気がひけて、それではどうしよう、ではなにか、と生まれたのが、軽井沢マカロン「ボージョレーを飲んでしまった巨峰」です。

 

以来、解禁日当日にご紹介できるようにと、毎年毎年、お作りしてきました。

ことしも。
信州ぶどう、からっからに乾燥させた巨峰たちと、きょうを待っていました。
コルリの店は、飲食店ではないので、ボージョレーは解禁日当日に、買います。
ことしは、サガワさんに届けていただいて、という感じです!


ことしのボージョレーを、共有させていただきたいです。
おひとつ、\175です。

ボージョレーヌーボーは、巨峰を加熱する際にアルコールがとんでいます。
子どもさんでも召しあかれる、ボージョレーヌーボーです。

ご家族みなさまで、いかがでしょうか・・・

2017年

11月

15日

そして「あべさん」と一緒に


たしかに霜がおりていた朝でしたが、淡いブルーの空に、きょうもゆるやかに気温があがっています。
ときどきバタンという音がして、少し強い風がコルリの看板を倒します。
ご来店があるかどうかすら、往来の少ない平日は、にぎやかに、もしかしたらなお客さまを待ちながら、すごしたいものです。


「あべさん」と一緒に。
この「あべさん」たちから、お好きなあべさんをお選びくださるお客さまが、いらっしゃいますように。

 

そしてきょうは、明日を待っています。

あすのための準備をしています。



またバタンという音がして、直した看板がまた。

2017年

11月

14日

2017マカロン屋のクリスマスケーキたち

外は軽い雨が降っています。この雨の空は、ほのあたたかいきょうの気温を作っています。

 

ことしのクリスマスケーキは、もうだいたい決まってしまっているかもしれませんが、ことしも、ご紹介とご案内を、いたします。

 

ことしも、フルオーダーでお作りします。

ご紹介するベースのケーキに、お好みのアイテム、キャラクター、メッセージなどをそえて、お作りいたします。

 

リクエスト、テーマをおよせいただきたいです。

 

 

 

 

おとりよせも承ります。

おとりよせの場合は、生のフルーツを使えませんが、マカロンやサブレ、コンポートの果物をなどを使ったデコレーションを、させていただきます。

●シフォンケーキのショートケーキ

 直径約13㎝ \2500から

 直径約18㎝ \3500から

 

使用フルーツ、シフォンケーキのフレーバー、クリームは白のほか、ショコラ、ピスタチオなど、お好みの色、素材でお作りいたします。

●ガトーショコラそしてNYチーズケーキ

 直径約12㎝ \2000から

 直径約15㎝ \3000から

 

ぎゅっと濃厚なベイクドケーキです。

クリームで覆うデコレーションも承ります。

 

NYチーズケーキは、コルリ定番のものも、自家製リコッタ使用のヘルシーなバージョンも、ございます。

●マカロン屋のミルクレープ

 直径約13㎝ \2500から

 直径約15㎝ ¥3500から

 直径約18㎝ \4000から

 

ことしは、小さいサイズもご用意しています。

クレープはノーマルのほか、ココア、抹茶など、クリームのお味も、サンドする素材も、あわせてリクエストをいただいて、お好みのミルクレープをお作りいたします。

 

写真は、いちごのミルクレープです。

クレープ生地がいちご味、ほんのりピンク色になっています。

 

●モンブラン・ブッシュドノエル

 

全長約12㎝ \2500から

全長約18㎝ \3500から

 

コルリのモンテビアンコを、ブッシュドノエル型のクリスマスケーキで。

モンテビアンコは、信州の小布施栗と軽井沢栗のマロン、花豆とルバーブの白いモンテビアンコ、レアチーズとホワイトチョコレートのモンブランタルトのモンブランのほか、リクエストをいただいて、オリジナルのモンブランもお作りいたします。

●コルリサイズの「季節のトルテ」

 おひとつ\250

 

めいめいサイズがカット不要でパーティスイーツにも便利なコルリサイズのトルテを、お好みの個数、お作りいたします。

 

ぜんぶ同じもので。

ぜんぶ違う種類で。

楽しいアソートになります。

 

おとりよせの場合は、写真右手のようなスイーツ中心になります。

 

 

それぞれのケーキに、さらにマカロンやサブレを加えて、フルオーダーのクリスマスケーキをお作りいたします。

 

クリスマスケーキは、12月のお集まりや、ご都合にあわせて、お作りいたします。

 

お電話やメール(お問い合わせフォーム)で、ご相談をおよせくださいませ。

 

マカロン屋のクリスマスケーキを、ぜひともよろしくお願い申し上げます。

2017年

11月

13日

おとりよせも承ります! ことしもフルオーダーでお作りいたします!      2017マカロン屋のクリスマスケーキ

虹と花火の週末があけて、きょうはやはり、でも氷点どまりの月曜日の朝でした。

なんと、気づけばクリスマスまであと6週間になっていました。そして、ということは、ことし2017年も、あと50日もないという、ことになるのですね。

 

店休日をいただいて、帰った東京では、町の装いも、流れる音楽も、クリスマスを確実に予感させていました。

大変・・・!

いそいでいちごを買いに行って、ケーキたちを、撮りました。

 

もう遅いのかもしれません。

もっとも、ことしコルリにクリスマスケーキをご依頼くださるお客さまが、おられるかどうか。

それもこれも、PRとご紹介をしなければ、始らないかも、しれません。

 

お写真もご案内もないなかで、すでにクリスマスケーキをご依頼くださったお客さまがいらっしゃいます。

 

コルリのクリスマスケーキは、ことしもフルオーダーです。

ベースになるケーキ、大きさをお選びいただき、お好きなアイテム、キャラクター、メッセージなど、イメージをいただいて、それぞれにとっておきで、お作りいたします。

 

ベースになるケーキは、もう毎年同じなのですが

①シフォンケーキのショートケーキ \2500から

→シフォンのフレーバー、クリームの種類、使用素材もご相談くださいませ

 

②ガトーショコラ、NYチーズケーキ \2000から

→クリームで覆ったり、フルーツをのせたり、デコレーションをご相談くださいませ

 

③ミルクレープ \3000から

→クレープの生地、クリームも、お好きなものでお作りいたします

 

④モンテビアンコのブッシュドノエル \2500から

→栗のモンブラン、レアチーズのモンブラン、花豆とルバーブのモンブランのほか、リクエストにお応えして、お好きな素材でモンブランをお作りいたします

 

⑤季節のトルテクリスマス版 おひとつ\250

→めいめいサイズ、コルリサイズのトルテをお好みでお作りいたします。

 

いずれも、おとりよせでお送りするこもできます。

おとりよせでお送りする場合は、コルリでは生菓子、半生菓子のご配送はクール冷凍便を使用させていただくため、生の果物を使うことができません。フルーツのかわりに、マカロンやサブレのデコレーションを増やして、ケーキをご用意いたします。

 

おとりよせには、\1000の送料をお申し受けます。

スイーツ便が60サイズより大きくなる場合は、追加をさせていただく可能性がございます。

 

①~⑤にかかわらず、まったくフリーでフルオーダーのケーキもお作りいたします。

ムースのアントルメ、マカロンタワーなど・・・

 

ケーキについては、またあらためて、ご紹介させていただきたいです。

ことしのクリスマスに、軽井沢のマカロン屋のケーキをご一緒くださるお客さまが、現われてくださいますように・・・

 

 

 

 

2017年

11月

12日

軽井沢イベントにお使いいただいているコルリスイーツ


きのうは雨あがりに虹がみえ、夜は花火があがった軽井沢です。

けさは氷点下でしたが、青空にじんわりと、気温が上がっています。

この軽井沢でこの週末、講演、懇親会をあわせたイベントを催された方から、お茶菓子としてコルリスイーツをオーダーいただきました。
懇親会のお席で、お茶とともにその場でお召し上がりいただいても、お持ち帰りいただいてもいいような、個装スタイルで、リクエストをいただいたのが、サブレ「コルリのきほん」と、カットしたパウンドケーキでした。

オーダーは、うれしいリピートです。
パウンドケーキはこれまで、熟成フルーツケーキ、紅茶やほかのフルーツ使いのパウンド、野菜のパウンドもお使いいただきました。
今回は・・・もちろん、同じものでもよいはずだったのですが、季節感や楽しさのあるものを、ご用意したくなりました。

そこでふと、またあの虹色を。
にんじん、かぼちゃ、むらさきいも、うぐいす豆、抹茶、2色のココアで7色のマーブルにした虹色のパウンドを、ご共有いただくことにしました。

 

まさか虹が出るとは思わずに仕込んでいた虹色のパウンドは、もしかしたら虹をご覧になったかもしれないご来賓に、思い出に加えていただけるかも、しれません。

パウンドケーキが虹色なら。
サブレ「コルリのきほん」も、それなら今回は、虹色に。
8色のコルリバードを焼いて、そして森の木の葉と、その葉が季節で色を変えたような、緑、茶色のリーフのサブレを3色、あわせました。

サブレと、パウンドが連動するように、カットしたパウンドにも、このリーフのサブレをあわせて、パッケージしてみました。
コルリバードの色、パウンドの色、リーフがさまざまな組み合わせになりました。
きっと、楽しいアソートになっているのではと、思います。

前回、オーダー主である主催側スタッフさまからメールをいただきました。
結局ご自身はいっさいのスイーツをお召し上がりいただけなかった、とのことでした。
このサブレは、ありがとうのメッセージを添えて、今回もお声をかけてくださったオーダー主さまにお受けいただきたいです。


オーダー、ありがとうございます。
そして今回も、コルリを思い出してくださり、励みになる仕事をいただいたことに、心より感謝申し上げます。

2017年

11月

11日

軽井沢ウェディングにコルリスイーツのお引き菓子

先だっての台風には及ばないものの、先だっての台風を思い出してしまうような、けさはそんな雨でした。

でもその雨は予報どおり、午前中にやみました。虹がみえました。

 

「11時からです!」
きょう軽井沢で挙式されるおふたりに、お引き菓子をお作りしました。おふたりのお式は、雨上がりの気持ちのよい空のもと、そしてご来賓みなさまと、虹の空を共有されたかも・・・すてきです!


3か月ほど前、最初は新郎さまからのお電話でした。
「よくバウムクーヘンをいただきますよね」


お引き菓子によくつかわれるバウムクーヘンのような、スイーツギフトを、コルリにご相談くださいました。

「バウムクーヘンはお作りするのですが、手焼きのもので、ちょっとカジュアルで形の定まらないものです。『おめかしパウンド』という、パウンドケーキにデコレーションをするものがありますが、いかがでしょう・・・」


パウンドケーキのお味は、軽井沢らしいもの。
選んでいただいたのは、コルリのパウンドケーキで一番時間をかけていて、パウンドケーキで唯一、なぜか1年たっても2年たっても腐ることがない「熟成フルーツケーキ」でした。
また、ご来賓のなかに、ドライフルーツやナッツが苦手な方、おきらいな方がおられる場合を想定して、もうひとつ紅茶のパウンドケーキを、いくつか別にお作りすることになりました。

後日、イメージ画像が、メールに添付されて届きました。
3つの絵があり、いずれもコルリバードとハート、星が飾られていましたが、形として第一希望に円筒状のものがありました。

包装のスタイルは「やっぱり包装紙で包んでください」と、コルリの包装紙を気に入っていただけたようでした。
リボンもご提案どおり、フルーツケーキを青で、紅茶のパウンドはオレンジのリボンをかけることになりました。


10日ほど前、はじめておふたりとお目にかかりました。
最終お打ち合わせの折に、コルリの店を訪ねてくださいました。
パウンドケーキのカットをお味見用に。サブレ。そしてマカロンもおもとめになりました。
「あとは、おまかせします」
さわやかで、楽しいおふたりに、ご縁をいただけたことが、うれしくなりました。

コルリバードのサブレを焼きました。
そして、おふたりのリクエストの星も、サブレで焼きました。
サブレは2色です。
少し季節感をお入れしたくなり、はちみつやスパイスを加えたサブレ地と、そのココア入りになっています。
2色の鳥と星を、それぞれあしらうことにしました。

ハートは、マカロンパーツを使うことにしました。
おふたりが、マカロンをおもとめくださったことも、そしてコルリがマカロン屋であることを、やはり共有していただければと思いました。


パウンドケーキを焼きました。
使用する型に、どれぐらいの量が適当か、何度か試作をして、ちょうどよい大きさと焼き時間を確かめてみました。
紅茶のパウンドは、アールグレイにして、ここには、アールグレイのベルガモット、かんきつのイメージに合う色合いのマカロンをくだいて、織り交ぜてみました。
マカロン屋の、パウンドです。


サブレとマカロンを飾ったおめかしパウンドが、できました。
少し多めに仕込んだ生地は、別に焼いて、おふたりにプレゼントします。

オーダー、ありがとうございます。

軽井沢といえば、旧軽井沢の聖パウロ教会。
王道の軽井沢ウェデイングに、コルリスイーツをお選びくださり、ありがとうございます。
おふたりの晴れの姿をイメージしながら、すぎゆくきょうが、感激です。

 

「きょうは『チーズの日』で」

ブログをご覧になったというお客さまがコルリを訪ねてくださいました。

そう、きょうはチーズの日です。

2017年

11月

10日

営業のおしらせ そして

店休日をいただきました。

本日午後より営業いたします。

 

11月11日がチーズの日だというきっかけで、今月は22日のねこの日を前に、11日にあわせて「ふろねこ」(フロマージュなねこのサブレ)を、とっておきにお作りしています。

 

平素使用しているイタリアのチーズに、フランスやスイスのチーズ、そして、長野信州、軽井沢のある佐久で作られているチーズも、ふろねこになっています。

 

フロマージュなパウンドも、ございます!

 

軽井沢へお出かけになるご予定や、旧軽井沢方面へご用事がおありになる折に、ぜひともコルリに遊びにお立ちよりいただきたいです。

 

2017年

11月

09日

オーダーをいただいて そして


店休日をいただいています。
11月11日は「チーズの日」なので、勝手ながらフロマージュなコルリスイーツを考えていますが、11月11日には、オーダースイーツのご依頼をいくつかいただいていて、頭も手も、いっぱいの励みをいただいています。


「包装紙で包んでください」
ギフトのご相談に、サンプル画像をお送りすると、気に入っていただけたコルリの包装紙でお包みすることになりました。
包装紙を気に入っていただくと、本当にうれしいです。

コルリの包装紙は、つたない自前の色えんぴつ画です。
コルリスイーツたちを、描いたものです。

「リボンの色は・・・」


コルリスイーツはギフトにする場合、お箱包装代として\100をお申し受けております。
たとえば税込み\1000のギフトでしたら、\900分のスイーツが入ります。

もしなにか、よい機会がございましたら、ぜひともご相談くださいませ。


そしてもう1日、お休みをいただきます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

4種類のフロマージュを使ってそれぞれ生地を仕込み、焼いた「ふろねこ(フロマージュなねこのサブレ)」は、4種類のフロマージュを使ったパウンドと一緒に、おとなり親戚へのおやつになりました。

 

フロマージュのパウンドは、気に入って決めているレシピがありますが、それともうひとつ、気になる別配合のものを、卵1ケ分ずつ焼いて、作り比べてみたものです。

 

フロマージュくらべ、スイーツの味くらべに、無理やりですが、おつきあいくださいませ。

2017年

11月

08日

店休日のおやつ そして


店休日をいただいています。
きょう11月8日は、「いい歯の日」なのだそうです。
たまたま歯医者さんのアポがきょう。きょう唯一のマストです。


おやつは、おうちで毎回になってしまっているミルクレープです。
でも、今回は・・・3日後のことを考えています。

11月11日は「チーズの日」です。お菓子の仕事をする前から、新聞社時代に、この日に催されるイベントにうかがったことがあったりして、知っている記念日です。

チーズの日に、なにかフロマージュなスイーツを。
頭のなかにあったイメージを、おやつにしてみました。


コルリのミルクレープは、自家製リコッタを使って作っているほんのりレアチーズな味が基本です。
それを、もう少しフロマージュに。
リコッタに、ディプロマット、そしてさまざまなフロマージュをあわせたクリームで、重ねてみました。


のっぺらぼうのミルクレープに少しかざりを・・・
それならば。


フロマージュなねこのサブレ、ふろねこも、4種類のフロマージュで焼きわけてみました。
11月11日は、22日のねこの日によくお伝えしている「ふろねこ」を前倒して、コルリの店でご紹介したいと思います。
それならば・・・


軽井沢のある佐久地区でチーズをつくられているフロマージュがあります。
それならば・・・

11月11日へむけて。
そして11月11日は・・・


----------------------

お問い合わせ、ご注文は、

 ブログのコメント欄ではなく、

メール をご利用くださいませ。

 ブログのコメント欄では、

お名前のみが発信される設定になっております。

  お電話でのご依頼は、
 (0267-41-0987)。
--------------------------

    店舗営業のない期間は、

メールでの対応でお願いいたします。

 

 

♦♦♦ 

軽井沢の天気は、こちらのイトでご覧下さい。

 

 

イラストご提供
「ふわふわ。り」さま